海鳥の詩

羽根先生ご指導のもと、「海鳥の詩」より「オロロン鳥」「エトピリカ」を練習しました。

伊勢湾辺りの海ではなく、北の海を連想させるように歌いましょうねー!
羽根先生曰く「合唱曲の演歌」ということで、こてこてに歌えばいいそうです。

オロロン鳥
・「オロロン となけば」「オロロン とこたえる」休符がありますが、ノンブレスで。
・P11、「アー」のところ、ブレスし過ぎです。

エトピリカ
・クレッシェンド、全員で合わせて同じところから盛り上がりましょう。
 ex.P17上段、「そうげんにー
 ちなみに「げ」は鼻濁音です。
・P20下段、「ゴーゴー」は鼻濁音ではありません。アクセントはっきりと。
・P25下段、sfpを意識して、すぐpに、タイミングを合わせてクレッシェンドしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR