海鳥の詩

羽根先生ご指導のもと、「海鳥の詩」より「海鵜」「北の海鳥」を練習、「オロロン鳥」「エトピリカ」を一通り歌いました。

北の海鳥ですからね。なまぬるい風を感じさせるような歌い方はしないようにしましょう。

海鵜
・P26、下の段、「あおくさむくうねりうねる おやしおの」カンニングブレスで。
・P32、下の段、「くびをちぢめて 暖流をきく」カンニングブレスで。
・P33、下の段、pで「うはなかない・・・」のところ、気持ちをこめて。fのときより強い気持ちで。
・P34、下の段、最後の「く」でのばすところ、クレッシェンド&ディクレッシェンドを皆で合わせましょう。

北の海鳥
・P35、下の段、歌のでだし「ふるさとは」がもぐらないように。
・P38、上の段、「せいとしはゆれうごき ゆれかえす」もっとオーバーにアクセント&デクレッシェンドを。また、次のsfpもおおげさに。
・P40、上の段、1小節目、アッチェランドがかかっています。ページめくりぎわなので要注意。
・P45、上の段、「ゆきを」のところ、アッチェランドがかかって次の小節へいきますので、乗り遅れないように。

いよいよ合宿が迫ってきました!
7月9日(土)13:30〜7月10日(日)16:30
場所はすいとぴあ江南です。
暑さに負けずに頑張りましょー
スポンサーサイト

テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR