初心のうた、合唱祭曲

三木先生ご指導のもと、はじめに「いつまでも いつまでも」の復習。
次に「初心のうた」の「泉のうた」各パートの音の怪しいところを確認。言葉について子音の入れ方が甘いとのこと、子音は前に出して。SOPは高い音に行くほど「下」を意識、ALTは下よりも「上」を意識して歌いましょう。
それから「でなおすうた」を。これも怪しい音を確認。てごわい☆「芽生えふくかぜへ」のところと「ぐんかの」の入りのところ、「J」の男声の「O---」のところ、特に要注意ですね。
そして「とむらいのあとは」を。声に色というか気持ちがついてくるといいですね。
後半は合唱祭の曲。「風になりたい」を少しゆっくりめに丁寧に確認しました。特に「なにひとつ いいこと」のところ。これも子音のタイミングが遅くなりがちなので、前に出すように歌いましょう。男声がバラバラなことが判明☆
「芭蕉布」長い音(二分音符)をのばしすぎて遅くなったりするようです。

来週は、マドリガル「Now is the month of maying」を練習するかも。でもそれどころでなく合唱祭の曲をやるのかも?念のため準備はしておいてくださいね!
スポンサーサイト

テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR