よかったなあ

上川さん主導で、渡部先生にも怪しいところなどをご指摘・ご指導していただきながら、「よかったなあ」を全曲(「ケヤキ」は通しただけのようになりましたが)練習しました。
※お休みの人が多かったので少し詳細に書きました↓

1. よかったなあ
・「よかったなあー」を歌うとき「よーかったなあー」と促音が入らないように。「くさきが」の「や」がデカくならないように。「き」を言い直す感じで。「とりけもの…」のところも。そういうところ多々ありますので気をつけましょう。
・鼻濁音になるところに印をつけておきましょう。一人でも間違えて出したら台無しです。
・リズムをシビアに。16分音符が甘いとのこと。何度も出てきますので要注意、しかもピアノが入るとごまかされてしまうそうで…この辺りにどんどん遅くなる原因があるようです☆
・伸ばす長さもシビアに。皆、適当すぎるとのこと。例えば8小節目「いてくれてー」で伸ばすところ、四分休符にまでかかって残っている人がいます。
・P5、13小節の女声のvocaliseは「Na」で歌いましょう。とりあえずです。pなので頑張らなくて良いとのこと。テナー、ベース、音の確認をしましたがまだ不安そうです。しっかり歌えるように頑張りましょう。
・P7、最後はmfから盛り上がってfになっているのが、次のページではmpです。音楽が変わらなければダメとのこと。
・3連符、ピアノとリズムが違うところは自分で取りに行かないといけません。例)P8、32小節目のベース。
・「どのひとつひとつもみんなめいめいに」うまくブレスなしで…「みんな」の後でみんなでブレスしている…アルトは「ひとつ」の「ひ」がドイツ語みたいにならないように注意。
・P9のピアノの間奏は2小節しかないです。前奏と違いますので気をつけましょう。次はmfで歌だけで入るので、めくってから気がつくなんてことはないように、準備が必要です。聴かせどころでございます〜
・p11、47小節目、皆でそろってmpです。歌詞がたってこない、気持ちがあると休符も生きてくるはず。集中です!

2. たんぽぽ
・最初の小節の上に指示されているように、(Allegroの指示のそばに書かれている)16分音符のタッカのリズムは、三連符の2:1の関係だよ、ということで、それも意識してみましょうとのことでした。今の通りだと3:1の感覚だそうで…それが2:1になるよ、と…ピアノ伴奏に3連符が入っていたりするのでそれに乗っかればできているのではないかと思うのですが…とりあえず頭に留め置いてください。
・スタッカートがついているものとついていないものの区別をつけて歌いましょう。例えば、17小節の初めの音の「みたいにして」の「み」はスタッカートがついていますが、29小節の「むかしから」の「む」は1拍しっかり伸ばしましょう。
・P19、21小節目〜、ソプ、休符があいまいになっているので注意。つなげないように。アルト、入ったことが分かりにくいのでしっかり出しましょう。テナー、音を確認しておきましょう…。ベースはもっと歯切れ良く!
・P19、25〜26小節目、「たんぽぽーぽぽ…」促音が入っているので、それを意識して歌いましょう。
・P24、53小節「それはちょうちょが」でいつも崩れるので音をしっかり確認しておきましょう。「ちょちょ」ではなく「ちょ〜ちょ」と歌ってくださいね…
・P25、下の段からのテナーが危ないようです。大変ですが慣れましょう!
・P28、83小節目〜「つづくまで」、「つ」は1拍、休符の長さも、「で」の伸ばす長さも気をつけて。
・P29、89小節目〜「までー」で伸ばすところ、3拍目で切ってください。つい伸ばしすぎてしまうようです。

3. 小鳥たち
・P30、12小節〜、出だしはpです。ユニゾンですし、気をつけないと大きくなってしまいます。また「ことりたちは」の後でガバッとブレスをしないように。少し気をつけるだけで全然違います。
・P31、25小節目、「ゆめらか」の「か」の音が飛び出さないように。休符の後で、どういう歌詞を歌っているのか謎になってしまいます。
・P33、「くちばしのほうへと」は一息で、間にブレスしない方が良いとのこと。吸うならカンニングで。また、ベースだけが「しっぽのほうへと」という歌詞を歌っています。出だし3拍目の頭からしっかり歌いましょう。
・P34、50小節目〜、「ながい、ながい」のところ、ベースだけが違う動きをしますので意識しましょう。
・P35、上の段、「ひかりつづけるのです」の男声が、ピアノ伴奏に惑わされて不安定になるようです。
・P37、上の段、「わになって わになって」のところ、2回目で小さくなってしまいます。ずっとmfのまま歌いましょう。
・P37、81小節目、「のです」の「の」が飛び出さないように。
・P38〜39、テナーの「おあいあおい…」の音が不安定です。覚えてしまいましょう。
・P40〜ここからが最後にかけてが一番難しいところかと…パートごとに音を確認しました。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR