さくらんぼの実る頃

三木先生ご指導のもと、「さくらんぼの実る頃」全曲を練習しました。
歌いたいから歌っている、お客様に伝えたいから歌っているんですよね?もっと心をこめて歌わなくてはダメとのこと
ラストステージ、お客様が楽しみにしているステージだと思いますので、気合いを入れていきましょう!

となりのトトロ
冒頭の「トトロ、トトロ」の八分音符が短くなるので注意。ソプが弱い、音を当てて、しっかり鳴らしましょう。合唱団の顔なのに「顔なし」にならないように…。
休符のときに間の手を入れると、気持が続くとのこと。映像をキープして思い浮かべて歌ってみましょう。お客様の目をそらさないように。
「ふしぎなであいー」の「いー」がデカくならないように。

さくらんぼの実る頃
P16、下の段、ソプ、「ふるえてたー」で伸ばすところ、最後までやせないで、交互ブレスでうまくつないで。
2小節でぶつぶつ切れているように聴こえるとのこと。つなげて、つなげて。腹筋、そして気持ちが必要。
P24、ソプ「どんなにときが」の「ど」が全然聴こえないとのこと。「あのひのこいを」で伸ばす声を、イメージしてステキに伸ばしましょう。
アルト、135小節目の音が変わるところをハッキリ。
歌詞をもっともっとおおげさにしゃべりましょう。自分ではやってるつもりでもまだ足りないとのこと。

もののけ姫
冒頭、ソプ、ラから音が移るとき切れないように、支えが足りないとのこと。アルトは絹糸を針穴にとおすように、そして2つが寄り添って歌いましょう。テナー、音程に気をつけて。バスはもっとボリュームがあっても良いとのこと。ppのところ、フォルテを出すフォームで出すように気をつけて。
P26、6小節目「はりつめた」の「は」が聴こえない。そして「り」が飛び出さないように。
P29&P33の「かなしみといかりに…」はmpですがもっと歌っても良いとのこと。
アルト、音が下がるとき、頭まで下げないようにネ。
P34、67小節からずっとa tempoなのですが、最後の小節、最後にソプが上がるところは少し丁寧に歌いましょう。

風の丘
冒頭部分、アルトは下がり、ソプは上ずるので気をつけましょう…
最後の部分、フェルマータでのばしている音、テナーは下がり、ベールは上ずりがちなので気をつけましょう…

君をのせて
テンポがキープできれば…!四分音符が早いところがあるそうです…「ちきゅうはまわる」の「まわ」のところとか…シンコペーションが崩れるところもあるし…
P48、64小節から落ち着きたいとのこと。遅くなるということではなく気持を落ち着かせましょう。

気がつけばもう8月…オリンピックも始まりますが、演奏会まであと2ヶ月もない…
8月21日(日)のかとれあホールでの特練のときにはもうできあがってるくらいの気持で暗譜のものは暗譜で歌いたいですね☆
スポンサーサイト

テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR